読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tanakaxaの日記

@tanakaxaが気になること書いたりいろいろ.

KaliLinux2.0をThinkPadX220にインストールした時にやったこと

フォロワーのノノノノさんがKali Linux 2.0を仮想環境にインストール方法を載せていたので便乗&自分用メモ

インストール手順&日本語化

上記ノノノノさんと同じ手順でおk.

他のOSが入っていたりHDDがまっさらでないと,パーティショニング画面で「空きスペースにインストールする」みたいな選択肢がデフォルトで選択されていると思うので注意.

ディレクトリの英語化

日本語でインストールするとディレクトリが日本語になってしまい面倒なので英語に戻します.
$ apt-get install xdg-user-dirs-gtk
$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

ThinkPad特有のトラックポイントの中ボタンの設定

デフォルトだとトラックポイントの中ボタンのスクロールが機能せずむずむずするので機能させます.これがなかったらThinkPadである意味がなくなってしまうほど僕にとっては大切な部分です.

InstallingDebianOn/Thinkpad/Trackpoint - Debian Wiki

上記DebianWikiの"Trackpoint Scrolling on Wheezy or Jesssie"の項を参考にファイルを作成します.

$ vim /usr/share/X11/xorg.conf.d/20-thinkpad.conf

Section "InputClass"
     Identifier "Trackpoint Wheel Emulation"
     MatchProduct       "TPPS/2 IBM TrackPoint|DualPoint Stick|Synaptics Inc. Composite TouchPad / TrackPoint|ThinkPad USB Keyboard with TrackPoint|ThinkPad Compact USB Keyboard with TrackPoint|USB Trackpoint pointing device"
     MatchDevicePath    "/dev/input/event*"
     Option             "EmulateWheel"          "true"
     Option             "EmulateWheelButton"    "2"
     Option             "Emulate3Buttons"       "false"
     Option             "XAxisMapping"          "6 7"
     Option             "YAxisMapping"          "4 5"
EndSection

$ reboot